キタキツネの赤ちゃん

CM、芸能、担々麺

『映画大好きポンポさん』評――クリエイター必見の"ものづくり漫画"

f:id:kokoroyo_i:20170411121514p:plain

人間プラモさんが制作したWebコミック『映画大好きポンポさん』が注目を集めている。
イラスト投稿コミュニケーションサービス「pixiv」上で無料公開された本作は、Twitterで拡散され作者名がトレンド入り。「クリエイターは必見」と絶賛を浴びた。僕も読んだ。これはもう書評というか感想を書かずにはいられない。

とにかく面白い。ぜひ読んでみてほしい。

テーマだけを抽出した濃密すぎるストーリー

「ワーオ」「ブシャー」「ペタペタ」。コミカルな擬音で幕を開けた本作は、"ものづくりの楽しさ"に焦点を絞った作品だ。そこには映画ビジネスや恋愛要素は混ざらない。導入部は軽やかでありながら作者の映画愛やポリシーが浮かび上がるのは、テーマを限りなく絞ったことで作品のエッセンスが濃密になるからだ。
トロフィーを手にしてもオドオドするジーンの姿は「成長物語」の香りすら排除。「超楽しい」の言葉が表すように、本作は何かを創る過程の充実感を、練り上げられた展開で描ききる。読み終わった読者には「ビリビリとした頭のしびれ」が残るのだ。

作中では作者のメッセージと思しき"名言"がいくつも語られる。なかでもポンポさんの言葉「製作者はシーンとセリフをしっかり取捨選択して出来る限り簡潔に作品を通して伝えたいメッセージを表現すべきよ」は特に重みがある。それは136ページというボリュームの本作をまさしく言い表していないだろうか。

無料Webコミックとして、136ページの本作はハッキリ言うと長い。ただし読み切りの単行本に比べるとページ数は少なく、一度読み始めればノンストップで最終ページまでめくってしまう。作品にならって映画に例えれば、ちょうど90分ぶんくらいだろうか。
伏線の配置と回収、映画ファンのためにバラまかれたような古い映画へのオマージュはリスペクト精神にあふれてもいる(イザベル・アジャーニにLINEのIDを尋ねるマーロン・ブランド!というIfストーリーだけでニヤけてしまう)。

『ニュー・シネマパラダイス』と『MEISTER

名画の引用が映える『映画大好きポンポさん』において、特に大きな意味を持つのが『ニュー・シネマパラダイス』だ。ガンコおやじアルフレードと少年トトの交流は、劇中劇『MEISTER』のダルベールとリリーの姿に重なる。
『ニュー・シネマパラダイス』が『MEISTER』に受け継がれる描写も巧みだ。名作の「匂い」を嗅ぎに来たポンポさんが試写室を訪れ、オーディションでピントが合ったナタリーの"匂いを嗅いで"新作への起用を決める。
師から弟子へ託される何か。ペーターゼンからポンポさん、ポンポさんやコンラッド監督からジーンへ、またはマーティン・ブラドッグからナタリーへ。そんな"意思の継承"は、アルフレードとトトの関係をにおわせる。

最後の最後、『映画大好きポンポさん』が傑作といわれる大きな理由のひとつであるラストページ。あの最後の一言こそ"ポンポさんからジーンへの継承"の収束である。
しかしあのオチは美しすぎやしないか。あんなこと上手いことやられたら、もううなるしかない。

ポンポさんはドラえもん! キャラクターの奥行きについて

映画人として必要なあらゆる才能。歩く際の「ポキュポキュ」音。事実上の主人公・ジーンに送るアドバイス。ポンポさんの作中でのポジションはドラえもんを思い起こさせる。86ページ「まったくジーン君…きみって奴は…」が「まったくのび太君…きみってやつは…」をフォローしているのは明らかだ。
しかしジーン・フィニはのび太ポジションに収まらず、その一歩先を行く。

「心の中に蠢く社会と切り離された精神世界の広さと深さこそが その人のクリエイターとしての潜在能力の大きさだと私は確信しているの」

ジーンは友達がいないぶん自分の内面世界をこねくり回しており、それこそが創作活動の礎になる。繰り返し描かれる「ジーンのメモ」という努力描写(彼自身が楽しんでいるようなので、努力というか習慣?)はトントン拍子の展開にも説得力を付加。また"ダイヤの原石"はポンポさん自身にも当てはまり、幼い頃からペーターゼンにしごかれたことで才能が開花したことがわかる。ただの天才物語じゃなく、キャラクターに血が通っているのがありありと見えるんだ。

あとさ、蛇足かもしれないけど、詳細につむがれる「五感へのダイレクトな訴え」も良いんだ。まず『MEISTER』からは指揮者の復活劇やリリーの歌=聴覚、ジーンがファインダー越しに見る世界=視覚、名作の匂い=嗅覚、"芝居"そのものが本質的に持つ役者同士のふれあい=触覚。そしてポンポさんが好きなツナサンド、ベーコンチーズマフィン、ナタリーが作る夕飯、ポンポ組のスタッフみんなで食べる食事=味覚。人が持つ感覚へ直感的に伝わるこれらの要素も、読者の本能的な部分へメッセージを届ける要素ではないでしょうか。結果的に五感への訴えは圧倒的説得力を生み出していると思います。もっと言えば人間プラモさんの過去作も「ごはん」にこだわりを持っているものが多い!

ぜひ書籍化をお願いします

本作で語られる名言は、ものづくりに関わる者にグサグサと突き刺さる。そして容赦なく「創作意欲というガソリン」を注ぎ込む。

「評判欲しさに世間受けを狙ったら、八方美人なぼんやりぼやけた映画になっちゃうでしょ」
「だからそれよりも誰か一人、その映画を一番見てもらいたい誰かのために作ればいいんだ」
「そうしたらフォーカスが絞られて、作品の輪郭がグッと立つ」

一連のコンラッド監督の言葉こそ本作の主題ではないか。「映画」を他の創作物に置き換えても意味が成り立つあたり、コンラッド監督(そして作者)のものづくりへの信念が垣間見える。

改めて言うが、伏線の散りばめ方からオチの回収まで本作は「読ませる力」にみなぎっている。こんな漫画を無料で公開?太っ腹すぎない?
書籍化の企画も持ち上がっているのではと邪推する。本作が書店に並ぶ日を待つばかりである。

ぜひ紙で、カラーになったあのページを読んでみたい。