読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キタキツネの赤ちゃん

CM、芸能、担々麺

『ワンダーウーマン』宣伝ツイートの問題点

f:id:kokoroyo_i:20170325162329p:plain

新作映画『ワンダーウーマン』の宣伝ツイートが炎上している。いったい『ワンダーウーマン』のアカウントは何を言ってしまったのか、どういった部分が問題点だったのか。

当記事では公式Twitterの発言を分析。炎上の理由を洗い出したい。

作品のバックグラウンドを無視したCM

さてこのツイート、大きな失敗点は"作品のバックグラウンドを無視した内容"と"ジェンダー問題に対する多様性の否定"にあるように思う。

まず「オトコも恋も知らない」とあるが、リプライでも指摘されているようにこれは事実と違う。ワンダーウーマン(ダイアナ)の故郷は女性同士が恋愛するのが普通(男性が存在しない)であるのに、上記ツイートは"男性と女性が恋愛するのがノーマル"という先入観を振りかざしている形だ。作品へのリスペクトが足りていないように思える。「オトコを知らない」は先入観でもって「恋愛をしたことがない」をイメージさせ、「恋を知らない」にいたっては完全な間違い。

作者のRucka氏いわく、ワンダーウーマンが故郷を発つまでは恋人(女性)がいたという。彼女は公式でバイセクシャルなのだ。「オトコも恋も知らない」の一文は作品へのリスペクトに欠けるし、「女性は男性と恋するのが普通」というステレオタイプの押しつけにほかならない。

 

次に「世間を知らない」という部分。CMでは強調されないが、『ワンダーウーマン』は、ダイアナが登場した『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』より時系列的に100年前の話だ。これについてダイアナを演じるガル・ガドットは

「彼女がまだ世間知らずな100年前に遡る。若い理想主義者で純真。みんなが見てきたような経験豊富で思慮深い成熟した女性戦士とは異なる」

といっている(wikiに出典がないので根拠としては弱いが)。確かに「純真」「経験が豊富じゃない」の面を見れば、ツイートにあった「世間知らず」はある意味で正しい。だが、圧倒的に言葉が足りていない。おまけにその後に続くのは「オトコも恋も知らない」「天然系女子」という文言。アメコミファンの腹の底にモヤモヤとした物を残らせるに十分だ。そもそも140字という制限があるなかで要素を詰め込もうとする時点で無理がある。言葉足らずになるぐらいなら、いっそのこと丸ごとそぎ落とすくらいの英断は必要だと思う。

「はずが」ってなに?

細かい指摘になるが、「スーパーヒーローのはずが」という表現にも引っかかる。「はず」の2文字は呪いである。スーパーヒーローならこうあるべきだよね、という断定的な考えが、広報担当者の意識の底に透けて見える。明らかに性の多様性にケンカを売る発言であり、時代の流れに逆行した考えではないだろうか。

例えば地上波放送されたばかりの『アナと雪の女王』では、"愛って男&女の組み合わせじゃなくても生まれるよね"を描いた。4月に公開される『美女と野獣』では、ディズニー史上初めてゲイのキャラクターが登場するという。愛や性の多様性への肯定が時代とともに存在感を増す。

邦画に目を向けても同じことが言える。『怒り』では妻夫木聡が演じたゲイの男性が、昼はエリートサラリーマンとして働き、夜は楽しげにゲイパーティで遊ぶ。そこに「ゲイであること」の後ろめたさはない。国内でも映画における同性愛はここまで市民権を得てきたのだ。

ところがどうだ。『ワンダーウーマン』の公式Twitterは、「はず」の2文字で先入観という薪を用意。「世間知らずでオトコも恋も知らない」で完全に着火、炎上したのである。本当に疑問だけが残る。いったいなぜ、どうしてそんなツイートを投稿したんだ公式さん。

消化不良でしかない「セーラームーン」の登場

予告映像では声優の三石琴乃がナレーションを務める。それ自体は何も問題なく、声優ファンをニヤリとさせる演出だ。

だが、なぜ公式Twitterが「ナレーターは『セーラームーン』の三石琴乃」を強調したのか。その意図が不透明なままである。『セーラームーン』のファン層もアメコミ映画に取り込もうとした?声優ファンに興味を向かせたい?仮定はできるが、どうもストンと来ない。考えられるのは「戦う女性→月野うさぎ」という、とってつけたような連想だ。それにしたってセーラームーンである必然性がわからない。結果として三石琴乃の起用は完全な逆効果に。『セーラームーン』ファンから反感を買うにとどまらず、「オトコも恋も知らない」というデリカシーに欠けた発言と相乗し、火に油をそそぐ形となった。

蛇足だが、声優ファンは、テレビから流れる声を聴いて「あれ?この声、〇〇じゃないか?」と声優名を言い当てることに快感を覚える。あらかじめ「三石琴乃だよ」と教えるのはおせっかいである。

じゃあどうすれば炎上しなかったのか

ここからは僕の意見になる。今回の炎上を踏まえた上で、どうすればツイートが炎上せずに済んだのか考えたい。

まず予告動画だが、「初めて異性に触れたメチャつよ女性」という切り口はアリだと思う。広報担当が多くの客を呼び込みたい意図はわかるし、ある程度のキャッチーさは必要だろう。あえていえば「美女戦士は天然系?」は余計だ。その直前の剣を持ったシーンで、天然っぽさの説明は済んでいるからである。

そして問題のツイート本文は、こう直したい。

スーパーマンとも互角のパワー!? 『ワンダーウーマン』日本版特報が解禁!この最強美女、男性に会うのは初めてなんです……?

元ツイートでは『ハーレイ・クイン』の何と比較して"越え"たのか不明瞭なので削除。炎上要素も削除。三石琴乃のナレーションに関する文言は、気づく人が気づいてくれればいいので削除。代わりにスーパーマンを引き合いに出すことで強さを表し、最後の一文で物語の背景を何となく匂わせるにとどめた。大きな問題点「作品へのリスペクト」はこぼさず、「ジェンダーの多様性」についてはあえて触れない。恋や愛の要素は、浅いラインで言及すると急激に陳腐になるからだ。これなら炎上しなさそう、な気がする。

やいのやいの言ったけど

色々と好き勝手書いたけど、当エントリはあくまで「もうちょっとうまい宣伝文句もあったのでは」が主旨です。映画そのものの内容をとやかく言うつもりはありません。公開(8月25日)されたら観に行って、どういう広報方法なら良かったのかな、とまた考えてみようと思います。