キタキツネの赤ちゃん

CM、芸能、担々麺

『嘘を愛する女』感想 過去と未来を「つなぐもの」

f:id:kokoroyo_i:20180122023253j:plain

嘘を愛する女』観てきました。高橋一生長澤まさみに釣られて観てきました。
序盤のサスペンス感の盛り上げに対し、後半の謎解きパートはちょっと……な印象。ただ俳優陣と主題歌は本当によかった。吉田鋼太郎川栄李奈・DAIGOだけでも観る価値あると思います。

映画をすでに観た人向けの感想となっていますので、ネタバレにご注意ください。

ストーリーは公式サイトに書いてありますのでそちらを。
http://usoai.jp/about/story.html

ざっくり言うと「同棲中の彼氏が病気で倒れた! 彼氏の身分は偽造されていた! 彼氏が書いている途中だった小説を発見! 小説に出てくる場所に行って彼氏の過去を探る!」となっています。

相手の過去、自分の過去をいかに消化するか

あらすじからもわかるように、この映画は「過去にどう向き合うか」のお話です。倒れた彼氏が桔平(高橋一生)。桔平の過去を探す彼女が由加利(長澤まさみ)。

ふたりを取り巻く他の登場人物が非常に魅力的で、『嘘を愛する女』を語る上では彼らは不可欠です。

吉田鋼太郎演じる探偵・海原は、妻の過去を「知らなければよかった」と後悔する男。妻の浮気を知り、娘が本当に自分の血を引いているのか疑って、離婚しました。

川栄李奈演じるゴスロリのココアちゃんは、桔平を「なんとしても知りたい」女。完全にストーカーと化しており、郵便物をパクっていきます。犯罪。

知りたくなかった男がおり、知りたがっている女がおり。

そして由加利は「相手の過去を本当に知りたがっているのかわからなくなっている女」です。中盤まではバリバリの行動力でもって瀬戸内海まで行っちゃう。と思いきや、途中から彼女のなかで迷いが生まれる。過去探しへの積極性が息を潜めます。

 

由加利は桔平の過去に向き合って向き合って、最後には彼氏の書く小説に書かれた「女性」が自分であると知る。
この「女性」は亡くなった前妻ではなく「今のパートナー」である由加利なんですね。これによって、桔平は自分の過去へ自分なりにケリをつけようとしていたことが描かれます。

以上をまとめると、桔平の残した小説は表面上は過去を描くアイテムでありながら、その本質は未来を見つめたものだったとなります。

 

ただし桔平はあの悲劇を、完全に過去の出来事として消化したわけではないでしょう。

(あえてあいまいな表現にとどめられているので、本当はどうなのかは観る者の解釈しだいですが)

むしろ、忘れるために無理やり胸の内の深い所へしまいこんでいる印象を受けます。だからこその偽造身分証であり、だからこそ他人に紛れこめる「東京」を選んだ。

 

つまり「過去にどう向き合うか」は『嘘を愛する女』の入り口であって、出口は「過去に向き合った上で未来をどうしていくか」がテーマになっていくわけです。

だから最後に桔平は目を開け、希望的な未来がほのめかされたところで幕がおります。

 

 主題歌『つなぐもの』のメッセージ

で、この映画の主題歌『つなぐもの』がストーリーを補完する名曲なので、ぜひとも触れたい。
歌は松たか子で作詞は坂元裕二。おっと『カルテット』感が急に増してきましたね。

歌詞を一部引用します。曲中で唯一リフレインされている歌詞です。

つつみ つむぎ つづけ つなげるもの

『つなぐもの』の歌詞には「記憶」「思い出す」「シーツにのこる体温」など、過去を思い起こさせるワードが意図的にちりばめられています。

それらを「つつみ」「つむぎ」「つづけ」て、さらに「つなげるもの」。過去を未来にどうつなげていくかというメッセージが読み取れます。さらに歌は続き、以下のように締めくくられます。

つなげ つづけて つながるもの

過去から現在は地続きで、未来へとつながっていく。『嘘を愛する女』が伝えたい核の部分は、坂元裕二のつづる歌詞を聴いて初めて完成すると言えるのではないでしょうか。

いやホントにいい曲なんですよ……

最後に

まとめとなりますが、これだけは言わせてください。

長澤まさみの肌がすごくきれい

ハッシュタグがどうにも苦手である

f:id:kokoroyo_i:20180105161102p:plain

 

ハッシュタグが苦手である。どうにもなじめない。

いや、自分でハッシュタグを使うことはある。あるのだが、使っているというより「使わされている」感をどうしても抱いてしまう。

 

使うことは使う。いつもモヤモヤしたものが残る。

 

ハッシュタグは「同じ話題を共有するためのアイテム」だ。ハッシュタグで検索すれば特定の話題についてつぶやかれた意見を見つけられるし、その話題の専門家も探せる。いやあ便利だ!!

つながることを強制されている感じ

ここからは完全に僕の主観である。主観というか被害妄想と言ってもいいだろう。

小学生のとき、担任の先生から「はいじゃあ4人1組のグループを作ってみましょう」などと言われたことはないだろうか。感覚としてはあの強制感に近い。なぜ理科の実験でグループを作らないといけないのか。そうかメスシリンダーが人数分用意できないから4人でひとつ使わせたのか。公立だからお金もなかったんだろうな。

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31ymd-AjCkL.jpg

メスシリンダー 10mL高精度 /1-8562-02

 

 

きっとTwitter社的にはこんなことを考えているに違いない。

ハッシュタグって機能をつけたぞ……つながれ…ホラお前らつながれ…!!これで検索すれば同じ趣味や関心事を持った人のツイートを見られるぞ!」

そんなことは知らない。“ただ自分の思っていることをつぶやく”だけのツールだったはずが、いつの間に“ただ自分の思っていることをつぶやく”と正反対の機能を持ってしまったのだろう。

 

「何となくハッシュタグに便乗して共通の話題で盛り上がるのが恥ずかしい」という不必要な自意識とあいまって、どんよりとした息苦しさを感じるのである。

 

僕はハッシュタグのほかに、もうひとつ苦手なものがある。

ハッシュタグを意気揚々と使う人たちである。

 

特に映画・ドラマ公式アカウントの「ハッシュタグ激盛りドチャクソ数撃ちゃ当たる作戦」は見ていて胃のあたりにズゥンと来るものがある。

ツイートの末尾に列挙された俳優名のハッシュタグ群。狙いはわかるが、見苦しさを感じてしまう。大体広瀬すずのファンはハッシュタグがあろうとなかろうと『ちはやふる』のアカウントはチェックしているだろう。そういうことです。

 

フェスだかなんだかのイベントが「ハッシュタグ #〇〇 をつけてツイート!」とキャンペーンを打っているのもいたたまれない。

ハッシュタグみたいなものは多分、ユーザー側の“非公式な盛り上がり”こそが真骨頂のはずである。そこを公式側がツイートを推奨してしまうと……それはちょっと違うのでは……と思ってしまう。かなり凝り固まった考えである自覚はある。

 

色々言ったが、結論はシンプルである。なんか自分の知らないところで他の人が盛り上がっているのが悔しいという、それだけのことである。

壁に穴が空いている

こんにちは。いや「こんにちは」ってね、そんな挨拶はないですよ。ここはインターネット。こんにちはなんてないんですよ。

僕ですか? 乗り込んだ電車に美女がいなかったら次の駅で別の車両に移ります。そういう生き方をしています。

壁に穴が空いた

数年前から僕がよく通っている場所があるんですが、最近ね、そこの施設内の通路の壁に穴があけられたんですよ。2回も。大盤振る舞いかよ。穴の大盤振る舞い。いや冗談ではなく。

 

1回目のはタテ30センチ、ヨコ15センチくらいです。ちなみに犯人はまだみつかってません。誰やコラやったやつ出てこいや。

 

2回目は、つい最近。最初にやられた穴の反対側の壁に、1回目の半分くらいのサイズでね、可愛らしい空間を作ってもらいましたよ。ええ。ちなみに犯人はまだみつかってません。誰やコラやったやつ出てこいや。

穿つ

デンマークだかどっかの国にはね、「ヒュッゲ」っつー言葉があるらしいです。意味は「居心地のいい穏やかで温かい空気」みたいな。他の言語で置き換えられない言葉らしいんですわ。「ヒュッゲ」。

それ言うたら日本語にも色んな言葉があります。穴を「穿つ」なんていうのはまさにそれだと思うんですね。辞書を引くと(穴などを)空けるみたいに書いてあります。なにその穴空け専用ワードみたいなの。マンホールオープナー(※1)かよ

(※1……てこの原理を使い、マンホールのフタを開けるためだけの道具)

 

で、「穿つ」。みなさん使ったことあります? この言葉。ないでしょ。あるとしたらあんたは中二病です。例外はありません。

今回の犯人は「壁を穿ちてえな」なんて思ったんでしょうかね。

1個目の穴も2個目の穴も、ちょうどイイ~~感じの蹴りを入れられるような高さにあるんです。あ~ちょうどいい壁があるから穿っとこうかな? みたいな。オッ部長、帰りに一発、これ(蹴りのジェスチャー)穿っときますか? じゃないんだよ。世の中にはやっていいことと悪いことがあるんだ。

 

イヤなことがあっても壁を蹴ってはいけない。もし事故で穿っちゃったら「ごめんね」って謝らないといけない。ビール瓶で後輩を殴ってはいけない。

社会のルールを守ろう

真面目な話ですよ。はい今から真面目な話をします。このブログ史上初ですよ。
勝手に公共の壁に穴を空けるのは、すみません間違えました。「穿つ」のは、犯罪ではないでしょうか。器物破損とか? 僕は法律家ではない(逆転裁判は好き)ので知りませんが、恐らく不法浸入とかもくっついてくる話でしょう。

 

出るとこ出たら犯人は必ず負けますよ。いや「出るとこ」って、むしろ壁凹まされとるやんかーい!ってね、こういう冗談に「不謹慎」とか言ってくるカスの家に5万匹のハムスターを派遣して全てのケーブル類をかじらせたい、僕は常日頃からそう思っとります。

愛着がわく

常日頃から壁の穴を見てるとね、次第に愛着が湧いてくるんです。

前の穴はもう塞がれてしまいました。業者さんによって。業者さんありがとう、穴はきれいにふさがりました。

 

2個目の穴は、いつ頃ふさがれるでしょうか。お相撲さんがリモコンで殴ったとかよりも、そっちのほうが重要な問題です。

もはや「穴がある」状態が普通になってきました。穴が空いているほうが居心地がいい。なかなか言葉では言い表せない気持ちですね。強いて言えば「ヒュッゲ」でしょうか。そういえば1個目の穴がふさがれたときも、妙な喪失感がありましたね。埋められたはずなのに喪失感がある。不思議じゃありませんか。今流行ってるアレですよ、エモいってやつ。たぶん。

 

それでいうと、美人を探して電車の車両を移るとき。あのときの「エモくなさ」っつったらありません。エモの対極。自分今なにやってるんだろうって気分になります。美人がいたらハッピーですけどね。

美人がいたら、自分は座席に座らないんです。こっちが相手を見上げる形になって不自然ですからね。相手が座ってる状態がベスト。

え? 意味がわからない? あなたんちにハムスター5億匹送りこみます。

 

f:id:kokoroyo_i:20171130215034j:plain

 

寺田心とマツコ・デラックスが出会い、サードインパクトが……「ゆめぴりか」2017年TVCM

f:id:kokoroyo_i:20171031113839j:plain

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』において、人類と敵対する使徒たちは、第三新東京市の地下、NERV本部のリリスを目指しているとされていました。

もし使徒がリリスに接触すれば、サードインパクトが起こり、人類は滅亡するそうです。Wikipediaにそう書いてありました。

「ゆめぴりか」2017年TVCM

 

寺田心と、マツコ・デラックス
出会ってはいけないふたりが、ついに対面してしまいました。

「マツコ&有吉の怒り心党」などを観ていた人にはわかると思いますが、マツコ・デラックスは"出る杭ポジション"なタレントには容赦なく、愛のある毒針を仕込んでいく人です。
致死性の毒じゃなく、なんかちょっと肌ヒリヒリするな……? くらいの毒。それでいて愛がある。

大人のタレントならいいんです。相手のキャラをいじって(マツコのイジりの愛と毒の混合率はいつも絶妙なバランス)終わりなので。

 

そこに、寺田心。子役のトップを走るカリスマチャイルド。
「ぶりっこ」
「猫かぶり」
「こまっしゃくれ」
「あざとい」
子役としては名声ともいえる、これらの称号。そのすべてを欲しいままにする、寺田心。

しかもマツコは寺田心について「簡単に騙されるわよ、あの辺のペラペラな大人たちが」「恐ろしい子だわ」と記者会見で言っていました。もしそんなふたりが相まみえたら、どんな悲劇が起こるのでしょうか。

芸能界でもまれているとはいえ、彼はまだ子ども。マツコの毒針を受けたら、どんな展開になるか想像できません。それこそ、『エヴァンゲリオン』のサードインパクトに匹敵する事態に……

危ない、逃げろ寺田心!  こらえろ、マツコ・デラックス!!  このままふたりが出会ったら、サードインパクトが……

 

f:id:kokoroyo_i:20171029225618p:plain


起きませんでした。

このCMのピークはやはり、最後にマツコが浮かべた形容しがたい表情でしょう。

「えっなんでお前そんな北海道に食いついたん……?」っていう。

そういった細かな違和感に、一瞬の表情だけですべてを物語る。マツコ・デラックスの芸達者っぷりにただただ脱帽。

あるいは、あのわずかな表情筋のこわばりこそ、小さなサードインパクトだったのかもしれません……(かっこいい終わりかた)

モノトーンとタバコ 斎藤工×高橋一生『blank13』予告編

f:id:kokoroyo_i:20171027102239j:plain

主演・高橋一生
音楽・金子ノブアキ
&どう関わっているのかイマイチわからない福山雅治

映画『blank13』の予告編が公開された。


メガホンを取ったのは、芸能界でも屈指の映画好きである斎藤工。その予告編はもう、衝撃的としか言えない内容である。みんな観てくれ!! 


曇った空、シャツ、野球ボール、病院のベッド。
序盤に出てくるアイテムは徹底して「白」で統一される。

お通夜のカットから喪服の「黒」が入りこみ、画面の奥には鯨幕。白いワイシャツと黒のスーツ。画面は白と黒のモノトーンへと移っていく。

ナレーションは「憎くて愛おしい、家族の物語」。白と黒、憎さと愛おしさ。

ふたつの対立が強調される。

 

中盤で白黒が反転。暗くジメジメとした前半と打って変わり、全部をお笑いに変える怪物・佐藤二朗が現れる。えっなにこれ?

ラバーガールの大水洋介も登場し、完全にコメディ路線。

(よく見るとキャスト陣には永野や野生爆弾くっきー、ミラクルひかるの名前も)

これも「暗さ=死」と「明るさ=お笑い」の対比だろうか。

 

繰り返される対立は、つまるところ「父と子」の関係性がどう転ぶか、に収束していくのだろう……と思うのですが、みなさんはいかがですか。

 

僕がキーポイントだとにらんでいるのは、冒頭に出てくるタバコです。

白いタバコに火がつき、白でも黒でもない、グレーな灰を

 

ん……?

白黒つけないグレー?

高橋一生……?

 

最近なにかのドラマでそんなモチーフを見たような気が……

 

【関連記事】

ord.yahoo.co.jp